2012年10月17日

有機野菜のスープ&ドレッシング

20121017.JPG

本日も臼杵市農林振興課有機農業推進室主催の
「ほんまもん農産物」を使った加工&料理講座がありました。
今日は大分市庄の原にあるSlowcafeぶらぼぅの
堀米シェフが講師でした。こちらのカフェは
ohana本舗の顧問である塩屋監督の映画
「種まく旅人」のワンシーンで使われており、
無農薬野菜を使った体に優しい料理を提供することでも有名です。

さて、本日は南瓜のスープ、焼きなすのスープ、
パプリカドレッシングを作りました。
最初に資料として渡されたレシピには材料名は書いてあるのですが
分量が書いてありませんでした。全てにおいて目分量だそうです。
その理由として、

「旬の野菜を使いたいけど、収穫出来る野菜は違うし
味も季節や畑によって違ってくる。
だから野菜や調味料の分量はその日の野菜で決める。」

という堀米シェフ。
大まかに目分量で作って、最後で調味料で調整するそうです。
しかも調味料は塩糀や甘酒がメイン。

「赤ちゃんから老人まで、病人でも食べれるメニューにしたい」

という理由からでしたが、塩糀を使うことで
コクと旨みが出てきて全部美味しかったです。

20121017_1.JPG

特に焼き茄子のスープは絶品でした!
焼いた茄子の皮を取るのが一手間ですが、
それ以外は材料を混ぜてミキサーにかけるだけという簡単さ。
パプリカドレッシングも甘酒を入れるとまろやかになり、
塩糀だけだと酸味が多くなるので、好みによって
入れる分量を変えるといいとのことでした。
他にも作る過程で色々なアレンジ方法も教えて頂き、
料理とは創造だなぁとしみじみ思いました。

将来的にはohana本舗でも有機野菜を使った
ドレッシングを作りたいので、今回のレシピを含め
色々と参考にしたいと思います。
また、お客様がohana本舗の農場で作った野菜で
このような料理を作れるように野菜作りも頑張ります!
posted by ohana at 10:21| Comment(0) | 料理・加工品のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。